フィリピン医学留学Diary(^^)

フィリピン医学留学Diary

フィリピン医学留学での様々な出来事を綴ります。

最新2016年フィリピン医学部ランキング

f:id:takoyaki3292:20170527030508p:plain

f:id:takoyaki3292:20170527020546p:plain

引用 PERFORMANCE OF SCHOOLS: September 2016 Physician Board Exam Results - PRCBoard.com

 2016年度の国家試験合格率ランキングでは、UERM医学部は9位でした。去年の7位からランクを下げたので、学内では少なからず不満の声が挙がっていました。ちなみに、去年1位で今年は3位のフィリピン大学(UP)医学部は、NMAT(入学試験)で99(上位1%)を出し、大学をHonorで卒業するのが入学の最低限の条件のようです。UPのカリキュラムはUERMよりも一段階厳しいとUPに友人が多くいるクラスメートから何度か聞いたことがあります。フィリピン大学をはじめ、毎年トップを張るセブインスティテュート医科大学、サントトマスやアテネオはうちよりもカリキュラムが相当厳しいんだろうと察します。

ランキングの話をしましたが、外国人がフィリピンの医学部を選択する際は、フィリピンでの国家試験を最終的に受験しない場合が多いので、特別このランキングにこだわる必要はないかと思います。特に日本に帰国して臨床する場合、フィリピンの医学部事情など誰も知りません。進級の難易度等や金銭面、卒後にしたいことを考えて、自分のニーズに一番合うと思う学校を選ぶのが賢明だと思います。しかし、国際機関等で世界的に活躍する医師になりたいという場合には、アジアのランキング上位のフィリピン大学(UP)やサントトマス大学(UST)の医学部卒業を狙うのは一つの手かもしれません。